時代の中で価値のあるものを創造する

■開発・設計部門

EISINの柱のひとつを担うのが、開発・設計部門です。東洋空機製作所から分離し、EISINに統合することで、製造から独立した部門として体制を強化し、特にTPブランドでの新製品開発に力を注いでいきます。すでに新製品開発に取り組み、着実な成果を挙げつつあります。また、製品のアフターフォローや市場のニーズを探るために積極的に現場へと足を運び、ユーザーの生の声をキャッチ。新しい製品づくりに生かしていきます。もちろん、従来からの既存製品の改良・改善や、防塵・防錆・軽量化など作業環境に配慮した新しい付加価値の創出にも力を注いでいきます。さらに、ニューマチックツール、油圧ブレーカに続く第3の柱を創造する部門として、電気制御など新しい技術領域を含めて、中小ベンチャー企業との連携・協力も模索していく計画です。


コンピュータでのデザイン


開発・設計室


コンピュータ画面での製品づくり

■製造部門

品質とコストの両立は、製造部門における永遠のテーマと言っていいでしょう。高品質を命題に掲げる東洋空機製作所では、早くからこの課題に取り組み、ラインの自動化やロボット化を進めることで、工程の省人化と生産性のアップを図ってきました。同時に材料の加工から熱処理までを社内で一貫して内製化するとともに、ライン間での部品の徹底した判定テストを実施し、品質の作り込みを行っています。特に、ニューマチックツールや油圧ブレーカの性能や耐久性に大きく影響する熱処理では、独立した熱処理部門を持ち、高度の技術とノウハウを蓄積しています。また、多品種小ロットへの対応をめざしたライン構成や多能工の育成にも力を注いでいます。



CNCジグボーラー


射出成型機


熱処理


チェーンブロック試験装置


大型マシニングセンター

■品質検査部門

EISINの品質へのこだわりは、徹底した品質検査にも表れています。開発段階での耐久テストから製造工程での精密測定検査、さらに出荷時には全製品の性能テストを実施。このような生産におけるトータルな品質管理システムが、高品質の製品づくりを可能にしています。


三次元測定機(ZEISS ドイツ製)


三次元測定機(ZEISS ドイツ製)


三次元測定機(LEITZ ドイツ製)


測長機(MAHR ドイツ製)


三次元測定機
(LEITZ ドイツ製)